一人暮らしのインターネット

ポケットWi-Fi通信制限の7GBとは?

ポケットWi-Fi通信制限の7GBと言うと、7GBでできることは、7GBで何時間動画が見れる事を考えると高画質で大体7時間半位となります。ライトユーザーの通信量としては少し足りないかも知れません。7GBでできることは音楽なら33時間聴くことが出来て、7GBで何時間動画が見れる事を考えると通信料の少なさを感じてしまいます。

 

しかしどうしても外で使うのですから一日で考えるとその位の制限を掛けられても対応出来るのかも知れません。ライトユーザーの通信量としては対応が出来る範囲なのかも知れません。ヘビーユーザーともなればどうしても違う対応を取らなければいけないのですが、ライトユーザーの通信量ならば何とかギリギリ対応可能となりそうです。

 

7GBでできることはある程度の事はこなせますが、一番要領がかかる動画ともなると7GBで何時間動画が見れる事を考えると色々と問題となります。動画の要領で行くとどうしても厳しい物もありますが、基本的にモバイル通信と言う事で考えれば、対応も何とか良いのかも知れません。通信の大きさなどがその要領を超えると動きが鈍くなってしまう事が起こり利用者に迷惑をかけてしまいます。ヘビーユーザーの利用には適していない様なのでポケットWi-Fi通信制限の7GBではどうしても足りない状況になります。

 

そうした7GBでできることを考えながらご自身が使用する要領を確認しつつ、ライトユーザーの通信量での賄える範囲であれば問題なくポケットWi-Fi通信制限の7GBでも良い事となります。この様な通信制限があるケースがモバイル通信では起こってしまうので、使い放題のプランなどのある所の利用も考えて行く事は重要かも知れません。

 

しかし通信費などの兼ね合いを考えるとそれ程使わないライトユーザーの通信量の枠の中ならば契約して見る事も得策かも知れません。ちょうど良い要領での取引では、制限の中での通信料をクリアーする事が出来れば問題なく契約する事が出来るでしょう。どうしても通信制限があって速度が遅くなる事があってはあまり意味が無いと感じます。

 

7GBで何時間動画がどの位かを考えると動画をメインで通信を行なっている人にとっては物足りない結果となります。そうした結果からも7GBでできることなどをしっかりと把握する事が重要となります。そうした通信の大きさを考えて通信費を節約する事も良い事となり、これからの通信業者との良い付き合いとなるでしょう。


トップ NTTフレッツ光 auひかり LTE公式 WiMAX公式